新型ヴィッツを安く買うには?

 

新型ヴィッツを安く買うには?

 

新型ヴィッツを限界まで値引きして、さらに下取り車を極限まで高く売って、ヴィッツを底値で買う方法を紹介します!

 

これを実践するのとしないのとでは、数十万円から損することになります・・・

 

簡単なので是非実践しましょう!

 

新型ヴィッツ/ハイブリッドの最新目標値引き額と2019年6月の値引き動向

新型ヴィッツ最新値引き動向

 

6月のヴィッツの値引き動向は、先月から横ばい傾向です。ヴィッツは来年2月にフルモデルチェンジ予定(車名はヤリス)なので、モデル末期により割安な値引きが期待できます。オプションからの値引きを含めて20~25万円の値引きを目指しましょう。

 

ヴィッツの値引き交渉では、日産ノートやスズキスイフト、ホンダフィットなどライバル車との競合が有効です。

 

「ノートe-POWERやスイフトが気になるが、思い切った値引きが出るならヴィッツを検討したい」と商談すると効果的です。

 

また、2019年10月にフルモデルチェンジが予定されているホンダフィットとの競合も有効です。

 

「車内が広いフィットハイブリッドが気になるが、お得な値引きが出るならヴィッツハイブリッドを本気で検討したい」とやれば、新型ヴィッツハイブリッドの値引きを引き出せるでしょう。

 

ヴィッツの車両本体からの目標値引き額とは別にオプションから20~30%引きは可能です。

 

今月(2019年6月)の車両からの目標値引き額18万円+オプション20万円からの値引き4万円総値引き22万円がヴィッツの値引き合格ラインになります。

 

以下の値引き交渉術を実践すれば、ヴィッツの実例値引き額並みか、それ以上の値引きが可能になります!

 

実際にヴィッツを購入した方の実例値引き額を掲載しています。ヴィッツの目標値引きの参考にしてください。

絶対損したくない!下取り車の売り方

下取り車がある場合は、その下取り車を少しでも高く売ることが出来れば、それだけヴィッツが安く買えると言うことになります。

 

しかしディーラーの査定のみだと、最初にディーラー規定の査定額を提示されて、後々値引き交渉が煮詰まってきたら、「これ以上の値引きが厳しいので、下取り車の方で調整します」などと言って来ることが多いです。

 

3万、5万、10万と徐々に査定額をアップして、お得感を強調して、「これで決めてください!」となるでしょう。

 

これはユーザーのお得感、満足感を満たすためのセールステクニックが考えられます。

 

一見値引き額(下取り額)が最初より上がったように見えますが、その査定額が中古車相場に合った適正なものなのかどうかの判断が、我々一般ユーザーには中々見分けることが出来ません。

 

実際にはもっと高い査定額が付く可能性もあるのです。

 

これが高額車や人気車になればなるほどその差は大きくなるので、実際は5万、10万、場合によっては20万円以上の損をしてしまう事もあります。これは非常に勿体無いです。

 

ディーラーの下取りで損してる!?

 

ディーラーの下取りで損しないためには、まず1店舗で良いので買取店の査定を受けておきましょう。

 

そうすれば買取店のおおよその相場が分かるので、それを元にディーラーでの査定額が適正かどうかの判断が出来ます。

 

愛車の相場が分かればクルマ購入の予算組みも出来るので、一石二鳥ですね。

 

おすすめは下記の買取店です。ネットでおおよその相場が分かります。

 


ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

査定

 

 

☆値段が付かない車は廃車業者へ。事故車や動かない車でも、古く過走行でも必ず値段が付きます!

もし、ディーラーや買取店で査定額が付かなければ(0円)、廃車買取業者に依頼しましょう。廃車買取.comならレッカー代や引き取り料、その他手続きに関するものは全て無料です。さらに全車0円以上の買取保証あり。自動車税等の戻り分も還付してくれます。廃車するのに処分代を払う必要はありません。

 

これら買取店の査定額を基本に今後査定額の交渉をしていきます。

新型ヴィッツの値引きに適した交渉時期

新型ヴィッツの値引きに適した交渉時期

 

一般的に値引きが大きくなる時期は、「1月~3月の年度末決算期」、「6月7月のボーナス時期」、「8月お盆明け~9月の中間決算期」、「12月のボーナス・年末商戦」、などがそうです。

 

この中で特に値引きが大きくなるのは決算期です。

 

決算期にはディーラーでもキャンペーンを展開して、お客さんを呼び込もうとします。この時期は特別な値引きも珍しくありません。

 

もちろんボーナス商戦もキャンペーンなどを展開して、値引きを引き出しやすい時期になります。

 

これらの時期に新車を買うタイミングなら、是非大幅値引きで新型ヴィッツを」購入しましょう!

 

 

ヴィッツの納期は?2019年6月現在

 

ヴィッツの納期は?

 

ヴィッツ納期:1~2ヶ月

 

グレードによって異なりますが、ヴィッツの納期は現在標準的な納車期間となっています。

 

ヴィッツの競合車とディーラーをリストアップ

競合車の設定とディーラーをリストアップ

 

新車の値引き交渉では、競合車を立てて「ヴィッツか、どれにするか迷っている」状況で契約直前まで交渉した方が、値引きを引き出しやすくなります。

 

ヴィッツの競合車は、「ホンダ フィット」「日産 ノート」「日産 マーチ」「マツダ デミオ」「スズキ スイフト」があります。

 

フィットは毎月ヴィッツよりも販売台数上位に入るくらい売れている車です。ノートはスーパーチャージャーと言うセールスポイントがあり、販売台数もヴィッツと競っている車種です。デミオはクリーンディーゼルと言うこれまでのコンパクトカーにはない商品力があります。

 

ライバル車それぞれにヴィッツにはないセールスポイントがあるので、ヴィッツの商談の時には各車のセールスポイントをアピールしながら競合車を引き合いに出すと、競合効果が高くなります。

 

ヴィッツの競合車からリストアップして、ヴィッツと迷っている、と商談していきましょう。

 

また地域によっては経営する法人が異なるネッツ店があったり、県が違えばディーラーを経営する法人も異なるので、ネッツ店同士で競合させることが可能です。

 

トヨタのHPでネッツ店を経営する法人を確認して、同士競合が可能な地域なら複数のネッツ店をリストアップしましょう。

 

ヴィッツを販売するネッツ店や上記の競合車のディーラーをリストアップしたら、各ディーラーに訪問します。

 

出来るだけ多くのディーラーと商談する事により、「値引きしてでも売りたい!」と言う販売目標達成を目指すディーラーやセールスさんに当たる確率が高くなります。

 

下取り車があれば、ディーラーを周る前に一度買取店の査定を受けて相場感を知っておくと、ディーラーの査定が高いのか安いのかが分かり、下取り額の交渉が楽になります。

 

以下おすすめの買取店です。

 


ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合い高査定が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

査定

新車値引きの王道!ヴィッツの値引き交渉術

ディーラー初回交渉

 

ディーラーに行ったら見積もりを作ってもらいましょう。そして「値引きはどれ位出来ますか?」各ディーラーで探りを入れておきます。

 

その反応を見て、値引きが出来そうなディーラーや話しやすいセールスさんなど、今後のディーラー回りの参考にしていきます。

 

ディーラーでは、ヴィッツに試乗したり収納の使い勝手などを確認してみましょう。実車を見る事でカタログでは感じられない部分が分かってきます。

 

・その車種が本命かどうかは伏せておく
・他にも気になる車種があって迷っている、と伝える
・予算を聞かれても具体的な金額は言わない
・初回の商談は短時間でOK

ヴィッツの2回目交渉

ディーラーとの2回目以降の交渉で限界値引きを引き出そう!

 

二回目の商談から、具体的な値引き交渉を開始します。

 

競合車のディーラーと交渉したら、現時点での出来る限りの値引き額をお願いして出してもらい、その条件を他の競合車へぶつけます。そうして出た条件をヴィッツにぶつけて、値引きを引き出します。

 

値引き交渉のコツはどこか一つでも好条件が出れば、それを元に他のディーラーへぶつける、さらに好条件が出ればまた違うディーラーへぶつける、と言うような条件のぶつけ合いです。

 

と言っても難しい駆け引きや話術は必要ありません。「どれにするか迷っている出来るだけ安く買いたい」この2点だけを伝えれば、値引きは勝手に増えていきます(^^)

 

ヴィッツ同士の競合は、最後にさらに値引きの上乗せを可能にするための手段です。同士競合は交渉終盤で持ちかけた方が良いでしょう。

 

・どこかで好条件が出たらそれを別のディーラーへ、さらに好条件が出ればまた別のディーラーへ、と競合を繰り返す
・値引き額と下取り額はきちんと分けて交渉する
・ヴィッツ同士の競合はまだ控える
・ディーラーオプションのナビは利益率が高いので、カーショップや通販で売られている社外品の値引きと比較しながら20%以上の値引きを!

ヴィッツのダメ押し値引き交渉

ダメ押し交渉

 

二回目以降の交渉である程度ヴィッツから値引き額を引き出したら、可能な地域ならネッツ店同士の競合に切り替えます。


一例として以下のようにやってみても良いでしょう。

 

「自分はフィットに気持ちが傾いたんですけど、嫁さんと話し合った結果、ヴィッツにしようと言う事になりました。

 

でも自分はフィットにまだ未練があります。フィットを諦める代わりに納得できる条件が欲しいので、申し訳ないけど他のトヨタでも商談しました。

 

他では値引き○○万円、下取り△△万円と出てるんだけど・・・」などと言って同士競合に切り替えます。(言い方は自分の状況に合わせて適当にアレンジしましょう)


これをそれぞれのネッツ店で仕掛けて、頑張ってくれそうなディーラーや営業マンさんに狙いを絞ったら、ハンコを武器に最後の交渉です。

 

「総額○○万円になったら契約します」「予算は△△万円です。この金額になったらこの場で他には断りの電話を入れます」などと言って、目標よりも少し安めの金額を要求して見ます。

 

それが通らなかったり、また「間を取って○○万円でお願いします」などと、何らかの妥協案を出してきてもそれで納得せず、さらにもう一押ししてみましょう。


「では、メンテパックを無料で付けてくれたら契約します」「ドアバイザーをサービスしてください」などと、数万円程度の無料サービスがこちらも要求しやすく、セールスさんにとってもOKしやすい条件となります。


また、納車時ガソリン満タン、車庫証明費用のカット、端数カット、などを最後で申し出てみると良いでしょう。それらが通った時、そして目標金額に到達してすべての条件に納得したらハンコを捺してヴィッツを契約します。

 

・ハンコを捺す前(契約直前)が一番ワガママを聞いてくれる
・ローンを組むなら金利の引き下げも要求できる(場合によっては数%の引き下げも可能)
・現金払いよりも、ディーラーに手数料収入が入るので、一部でもローンを組んだ方が値引き額は大きくなりやすい
・任意保険の加入・切り替えを検討しているなら、新車購入時にそのディーラーで加入すれば、ディーラー・セールスマンの成績となり、その分値引きの上乗せを迫れる

下取り車を限界まで高く売る!

ヴィッツを誰よりも安く買う最終段階!インターネット無料一括査定。

 

下取り車がある場合は、これまでの交渉でディーラーでの限界付近の査定額が出たと思います。

 

そこで最後に複数の買取店に査定してもらう事で、さらに査定金額に上乗せが期待できます。

 

もしディーラーや他の買取店の査定額を5万でも10万でも上回れば、その分さらにヴィッツを安く買える事になりますね。


契約前に「もしかしたら、下取り車を親戚に譲ることになるかもしれません。そうなったら納車時に下取りに出さなくても良い事を了承してもらえませんか?」などと言って、納車時に下取り車を出さない場合がある事をセールスさんに伝えます。

 

契約を盾に申し出れば大概はOKになるので、それを了承してもらったら、納車時まで自分の車に乗ることが出来ます。

 

そして納車日が決まったらそれにあわせて複数の買取店に査定してもらい、ディーラーより高値が付けばそこに売る事ができます。

 

ここでおすすめなのは、インターネットの無料一括査定です。

 

「カーセンサー.net」なら一度に複数の買取店へ査定を依頼出来ます。ちょっとしたオークション状態になるので、思わぬ高値が付くことも。大手買取店はもちろん、特に地方も含めた地元の買取店が充実しています。地元の買取店は大手ほど広告を出していません。その分コストが掛からず、査定額で大手に対抗してきますので、高査定が期待できます。

 

時間と場所を指定すれば、無料出張査定にも来てくれるので、そこでディーラー査定よりも高値が付けばそのまま売ってしまっても良いですし、他の買取店と競合させても良いでしょう。

 

もちろん納得できない査定額なら断ることも可能です。

 

 

最後にもうひと工夫する事で下取り車の金額がさらにアップ!

 

また、もうひと手間掛けられるなら、以下のユーカーパックを試しても良いでしょう。

 

全国5000社以上の業者を対象に愛車が売れる、ユーカーパックの無料査定です。ユーカーパックの査定を1度受ければ、5000社以上の買取店へ査定情報が送られます(個人情報なし)。価格を提示する買取店は、他のお店と買取金額を競う事になるので、高値での売却が可能です。査定は最寄りの店舗か出張査定のいずれか1回で済むので、とても楽です。

 

1度だけ査定を受ければ、最大5000社以上の買取店や中古車販売店から価格提示を受けられます。

 

出品時には、最低落札価格を設定できるので、これまでの査定で出た最高額で設定すると良いでしょう。

 

その価格に対して5000社以上もの買取店が入札するので、さらに買取金額の上乗せが可能になるかもしれません。

 

ここまでやって、もし買取店の査定がディーラー査定よりも低くても、「ディーラー査定の方が買取店の相場よりも高くてお得だった」と納得できて、気持ちよく愛車を手放せますね。

 

・下取り車はディーラーに出す事にしておいて、最後に買取店に査定してもらい一番高値の所に売る
・それでもディーラー査定の方が高ければ、これまでの交渉は大成功!

 

以上がヴィッツを限界の底値で買うための方法です。

 

何も知らずにディーラーの言う通りに決めてしまうと、簡単に数十万円ヴィッツを高く買ってしまう事になります。

 

そうならないためにも是非上記の値引き、下取り交渉術を実践して、限界値引きでヴィッツを購入しましょう!

 

 

ヴィッツ人気グレードの値引きは?

 

ここは、ヴィッツの人気グレードに特化した値引き交渉テクニックを紹介しているページです。

 

人気グレードの値引き相場や値引き交渉に必須の競合ライバル車グレード、値引きを含めた人気グレードの見積もりシミュレーション、実燃費やリセールバリュー等々。

 

お目当ての人気グレードが少しでも安く買えるよう、値引き交渉の参考にして下さい。

 

⇒総額はいくら?ヴィッツ ハイブリッドFの値引きと支払総額をシミュレーション!

 

 

ヴィッツの乗り出し価格(総額)は?

 

グレード

ヴィッツ ハイブリッドF

 

車両価格(消費税込)

1,819,800円

 

メーカーオプション品名

ホワイトパールクリスタルシャイン、Toyota Safety Sense C、ナビレディセット
132,840円

 

ディーラーオプション名

T-Connectナビ、ETC、カメラ一体型ドライブレコーダー、サイドバイザー(ベーシック)、フロアマット(ベーシック)

約259,578円(工賃込み)

 

諸費用(税金・登録ほか)

約120,557円

 

ヴィッツ車両値引き(2019年6月1日目標値)

▲180,000円

 

ディーラーオプション値引き(20%引き)

▲51,000円

 

ヴィッツハイブリッド乗り出し価格(総額)

2,101,775円(端数カット)

 

 

ヴィッツを残価設定クレジット(残クレ)で買うと値引きが多くなる!?

 

ヴィッツを残価設定クレジットで買うと値引きが多くなる!?

 

もし残価設定ローンでヴィッツの購入を検討しているなら、こちらも参考にしてみて下さい。

 

5年後の残価とヴィッツの買取金額の比較、高く売れるグレードや装備・色も紹介しています。

 

月々の支払額を少なく出来て、値引き額が多くなる残価設定ローンでヴィッツを購入するケースが増えています。

 

3年の残価設定ローン

※3年残価設定プラン

 

5年の残価設定ローン

※5年残価設定プラン

 

上記は同じトヨタ車のタンクの見積書ですが、3年の残価設定クレジットと、5年の残価設定クレジットの支払シミュレーションです。3年と5年では月々の支払額と残価設定額に違いがあります。

 

例えばまとまった頭金がないけど新車に買い替えたい、というようなときにこの残価設定型ローンを組むことで頭金がなくても毎月々の支払い額を抑えることが出来るので、トヨタヴィッツの人気の購入方法となっています。

 

以下でヴィッツの残価設定ローンのメリット・デメリットを紹介します。

 

 

残価設定ローンのメリット

 

ヴィッツの残価設定クレジットのメリット
①頭金が無くても月々の支払額が安くなる
②中古車を検討していた人でも新車に手が届く
③通常のディーラーローンよりも残価設定の方が金利が安い
④ヴィッツの新車値引きが多くなる

 

残価設定型クレジットを利用することで毎月の支払い額を抑え、ローンを組むことが出来るのが大きな魅力となっています。

 

例えば「本当はもう少しグレードアップしたヴィッツに乗りたいけど、予算の都合で・・・」と考えていた方にも、グレードアップしたヴィッツが検討範囲内になってきます。

 

あるいは「新車は無理だから中古車で・・・」と考えていた方にも新車購入のチャンスが格段にアップしてくるのです。

 

そして新車購入の際に一番の魅力となるのは、残クレを利用することで新車購入時の値引きを多くすることも出来るのです。

 

 

残価設定ローンのデメリット

 

ヴィッツの残価設定クレジットのデメリット
①残価分にも金利が掛かるので、金利手数料の総額は高くなる
②走行距離や状態等が規定内から外れると残価が保証されず追い金が発生する
③ 残クレ中はヴィッツを売れない??
④ ローン終了後、手放す時は必ずディーラーに返さなければならない??

 

残クレを使って車を買うことで一番デメリットと思われているのは、「残価」の部分にも金利がかかってきますので、実際にローンで支払う金額以上の新車総額にまで金利を毎月々支払わなければならないということです。

 

ただし、残価設定型ローンは通常のディーラーローンよりも金利が安くなるように設定されているので、あまり大きなデメリットに感じている人は少ないようです。

 

その他のデメリットといえば、残価設定ローンで購入した車をディーラーに返却する際に残価分で買い取ってもらうには走行距離や内外装の状態など細かい規定があるということです。

 

しかしデメリットに見える③と④は実は間違いなんです。以下をご覧ください。

 

 

残クレ(残価設定型プラン)が終わったらヴィッツをディーラーへ返さないとダメ?

 

3年~5年の残価設定ローン(残価設定型プラン)でヴィッツを契約したら、契約終了後は

 

①同じ販売店で新しい車に乗り換え

②ヴィッツを返却

③ヴィッツを買い上げる(一括清算/再クレジット)

 

とディーラーで説明されるでしょう。

 

そしてほとんどの人が「ヴィッツを残価設定型ローンで購入したらローン終了後はヴィッツをトヨタディーラーへ返却しなければならない」と思っているのではないでしょうか?

 

確かに、そこでディーラーに残価分でヴィッツを買い取ってもらい最終支払いを終えればローンは終了となります。

 

しかし、ディーラーへ返却となると良くて残価分の買取りとなり、極端に走行距離が少ないなど、ほとんど乗っていない状態を除いて、なかなかプラスアルファを支払ってくれるディーラーはありません。

 

残クレ終了後ヴィッツを塩ーラーに返さなくてもいい!

 

さらに内外装がローン契約時の規定から外れている、走行距離を少しオーバーしてしまっている、などの場合は残価どころか追い金を支払うことになりかねません。

 

そんな時は買取店に査定を依頼しましょう。

 

例えばディーラーでは査定が残価分に届かず、マイナス査定になってしまったというような場合、もしかしたら買取店の方が高く買い取ってくれるかもしれません。

 

せっかく初期費用を抑え、残価設定型ローンを選んで新車購入したのに、返却時にさらに追い金を支払うことになってしまうのはもったいないですね。

 

 

残価設定ローンの途中でもヴィッツが売れる!

 

残価設定型ローンで一番よく誤解されているのは「ローンの契約がまず終わらないと車を売ることが出来ない」もしくは「ローンの途中で乗り換えるには自分で一括返済して買い取らないといけない」と思っている人が多いと思います。

 

しかし実際はローンの途中であっても自由にヴィッツを売ることは出来るし、面倒な手続きも必要ないんです。

 

例えば、まだローンの支払が少し残ってるけど車を買い替えたい、生活環境が変わって今の車では不便を感じるようになった、などローンの途中で車を乗り換えたい場合は買取店へ持って行ってみましょう。

 

ローン残額分を買取金額で清算してくれて、名義変更など面倒な手続きも買取店が無料で行ってくれます。

 

買取店へ持っていく大きなメリットは、購入当初にディーラーより提示された残価より高い価格で買い取ってくれる可能性が高い事です。

 

ただし気を付けなければいけないのは、ローンの途中でヴィッツを売る場合、残価を含めたローンの残高をよく確認しましょう。

 

思ったほどローン返済が進んでいなかった場合は、買取価格がローン残高を上回らないこともありますので、そこは買取相場や査定額とローンの残高をよく確認してから売りましょう。

 

 

ヴィッツの残価設定ローンを売却時までシミュレーション

 

ヴィッツ1.3Fに、ホワイトパールクリスタルシャインカラー、トヨタセイフティセンスC、ナビ、ETC、サイドバイザー、フロアマット等のオプションを付けて5年の残価設定ローン(残価設定型プラン)で購入したとします。

 

グレード名 ヴィッツ 1.3F
総支払額(ヴィッツ値引き21万円含

1,666,000

頭金 0円
5年後の残価

518,616

残クレ月々の支払額(60回)

初回29,016
23,600円×回
最終回518,616円

5年後のディーラー査定額
(月間走行距離1000㎞)
518,616円

5年後ディーラーへ返却

±0円
5年後の買取店査定金額
(月間走行距離1000㎞)
5年後のヴィッツの買取相場
550,000円
5年後買取店へ売却 550,000-518,616=31,384円
3万円が手元に残る

ヴィッツの値引きは残価設定ローンの方が値引き額が多く出来るので、通常より値引き多めで試算しました。交渉次第ではさらに値引きの上乗せが可能です

 

ヴィッツの5年後の残価設定額は、518,616円です。

 

ヴィッツの月の平均走行距離が1000㎞未満で、内外装が規定内であれば、ディーラーは設定された残価で引き取ってくれるでしょう。

 

しかし買取店なら、55万円で買取る事が可能です。

 

5年後のディーラーと買取店の差

 

55万円でヴィッツが売れれば、残価を差し引いて3万円が手元に残る事になります。

 

しかも、残価設定型ローンでヴィッツを購入することにより、新車購入時の値引き率が高くなるというメリットがあります。

 

上記のデメリットの部分でも説明しましたが、残価設定型ローンだと残価部分にも金利がかかってしまうため、支払う金利の総額は、多くなる傾向です。

 

そのため、ディーラーへのマージンも高くなるので、その分ディーラーも値引きに応じやすくなるというわけです。

 

また、残価設定型ローンを組むとディーラーは5年後の買い替え時のことも見越して気前を良くしてくれるので、値引き交渉もしやすくなります。

 

ちなみに、管理人が4年の残価設定ローンで普通車を購入した時は、4年後の残価設定額は270万円でした。

 

4年後の査定は?

ディーラー→本来260万だが特別に270万円

買取店→320万円

 

その差+50万円で買取店に売れました!

 

残クレ終了時や途中でヴィッツを売る場合は、ディーラーだけでなく買取店も検討した方が良いでしょう。ディーラーのみだと売却金額で損をしてしまうかもしれません。

 

 

売却時に高く売れるヴィッツの新車購入条件

 

高く売れるヴィッツの条件は?

 

ヴィッツの中でも、高く売れるグレードや人気のボディカラー、人気のオプションなどがあります。

 

残価設定額は、色やディーラーオプションなどが加味されず、販売店にもよりますがグレードにより一定の割合で決まっています。

 

不人気色やリセールの低いグレードなら、買取店よりディーラーの方が高くなる場合もありますが、反対に人気色や人気グレード、人気のメーカーオプション等が付いた状態なら、買取店の方が高くなります。

 

ヴィッツを売る時に高く売れる条件を紹介します。

 

ヴィッツで高く売れるグレード

1位 ヴィッツ 1.5GRスポーツ(MT)

2位 ヴィッツ 1.0F

3位 ヴィッツ 1.3 ジュエラ

4位 ヴィッツ 1.3 F

5位 ヴィッツ 1.3 U

 

※4WDグレード

高く売れるボディカラー

ホワイトパールクリスタルシャイン、ブラックマイカ

高く売れる装備

スマートエントリーセット、LEDランプセット、トヨタセーフティセンス、ナビ

 

ヴィッツで売却時に高く売れる人気のグレードは ヴィッツ1.5GR スポーツ(MT)となります。

 

ヴィッツの1.5GR スポーツはコンパクトカーながらエクステリアに加えて、シートの形状やアルミペダルなどスポーツカー仕様になっている人気のグレードのため中古車市場でもリセールバリューが期待できます。

 

次いで、ヴィッツの中でもベースグレードとなっているFです。

 

また4WDも中古車市場では人気の車種なので、リセールバリューとしては高い傾向です。

 

ボディーカラーは定番のホワイトパールクリスタルシャイン、ブラックが人気です。

 

オプション装備は、スマートキーやナビが付いていた方が、中古車市場でもプラス査定を期待できます。

 

 

残価設定ローンのメリット・デメリットを理解していれば、ヴィッツを残価設定型プランで購入もあり!

 

今回は残価設定型ローンのメリット・デメリットを紹介しましたが、これらのメリット・デメリットをしっかり理解しておくと、普段よりもっとお得に新車を購入することも可能になってきます。

 

残価設定型ローンだとこのように総額の金利手数料が高くなりますが、ディーラーへの手数料も多く入ることになるので、ヴィッツの値引き交渉がしやすくなるのです。

 

予算との兼ね合いでなかなか新車購入に踏み切れなかった人も、頭金なし、毎月々一定額の支払で新車のヴィッツが買えるのなら、ここもメリットが大きいですね。

 

ただし気を付けなければいけないのは、走行距離と内外装の規定です。

 

残価額を下回ってしまう査定になってしまうと、買取店でもディーラーでも追い金を支払うことになってしまいます。

 

走行距離を気にせず走りたい、毎月の走行距離が1,000kmを超えてしまうという人や、よく車をぶつけてしまうという人には、残価設定型はあまりおススメできない購入方法です。

 

 

自分の車の相場を調べて残価よりも高く売る!両方出来るおすすめサイトはこちら

 


ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合いディーラーの残価よりも高値が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

査定

 

 

ヴィッツのモデルチェンジで限界値引きが狙える

 

ヴィッツのモデルチェンジで限界値引きがねらえる!

 

ヴィッツにモデルチェンジが近づくと、古くなる現行モデルを早く売り切りたいディーラーが、ヴィッツの値引きを通常より拡大する傾向が見られます。

 

そのタイミングを狙えば、ヴィッツの限界値引きが比較的引き出しやすくなるのです。

 

以下に、ヴィッツのモデルチェンジ推移と将来のモデルチェンジ予想をまとめたので、ご参考にどうぞ。

 

※マイナーチェンジ(内外装に改良が加えられ、場合によってはエンジンの変更もあり。一部改良より規模が大きい物。型式は変わらない)

※フルモデルチェンジ(内外装とも大きく変更され、エンジンにも改良や変更が入る事が多い。型式も変わる)

ヴィッツのモデルチェンジ予想

ヴィッツの予想限界値引き

2010年12月22日 フルモデルチェンジ モデルチェンジ前に20~30万円の値引き
2012年5月9日 一部改良 一部改良前に15万円前後の値引き
2014年4月21日 マイナーチェンジ マイナーチェンジ前に15~20万円前後の値引き
2015年6月30日 一部改良 一部改良前に15万円前後の値引き
2017年1月12日 マイナーチェンジ マイナーチェンジ前に20~25万円前後の値引き
2018年5月31日 一部改良 一部改良前に15~20万円の値引き
2019~2020年 フルモデルチェンジ(予想) フルモデルチェンジ前に25~30万円以上の値引き

 

ヴィッツは前回フルモデルチェンジから2回のマイナーチェンジを繰り返しており、次回はフルモデルチェンジが入ると同時に「ヤリス」と改名する可能性も示唆されているため、ヴィッツはこれまでのフルモデルチェンジ以上に大きく生まれ変わることが予想されます。

 

よって、旧モデルとなる現行ヴィッツから、交渉しだいでは限界を突破する値引きも期待できます。

 

モデルチェンジによって現行ヴィッツの値引きが拡大するのは、オーダーストップの約1ヶ月前からとなっています。

 

モデルチェンジの約1~1.5ヶ月前になると、ヴィッツの新規オーダーがストップするので、つまりモデルチェンジの2~2.5ヶ月前からが、ヴィッツの限界値引きを引き出せる買い時となります。

 

モデルチェンジが近づくほど、ディーラーも早く現行ヴィッツを売り切りたくて値引きを拡大する傾向にありますが、オーダーストップ後は在庫車のみの販売となるため、好みのグレードやボディカラーなどの仕様が販売終了してしまうリスクもあります。

 

なので、こだわりと限界値引きを両立させたい方は、オーダーストップ前に値引き交渉を進めておくのがいいでしょう。

 

 

競合車のモデルチェンジでヴィッツの最大値引きが狙える

 

ヴィッツのライバルとなる競合車にモデルチェンジが入れば、強大な販売力を持つトヨタでも油断はできません。

 

ヴィッツの販売シェアを喰われないよう、当面の対抗策としてヴィッツの値引きを拡大する傾向があります。

 

ヴィッツのライバルとして、今回は近年目覚ましい売れ行きを見せている日産のノート、そしてスズキのスイフトをピックアップ。

 

これらライバル車のモデルチェンジ推移と、モデルチェンジ予想を以下にまとめました。

 

時期

モデルチェンジ推移と予想

2012年8月28日 ノートにフルモデルチェンジ
2014年10月10日 ノートにマイナーチェンジ
2015年7月7日 ノートにマイナーチェンジ
2016年11月2日 ノートにマイナーチェンジ
2016年12月27日 スイフトのフルモデルチェンジ
2019年以降 ノートにフルモデルチェンジ(予想)
2020~2021年 スイフトの一部改良(予想)
2022年 スイフトのフルモデルチェンジ(予想)

 

前回フルモデルチェンジから3回のマイナーチェンジを入れてきたノートのフルモデルチェンジは2019年以降、そして6年のモデルサイクルを維持してきたスイフトのフルモデルチェンジは2022年と予想されます。

 

ヴィッツのモデルチェンジが入れば、その直後は値引きが渋くなりがちですが、ライバル車にもモデルチェンジが入ったとなれば、さすがにあぐらをかいてもいられず、値引き交渉に応じやすくなるでしょう。

 

ヴィッツの値引き交渉においては「ノートのフルモデルチェンジありきで購入時期を待っているが、トヨタさんの値引き条件しだいでは、ヴィッツを前向きに検討したい」等といったアプローチで、最大値引きを引き出しやすくなるでしょう。

 

 

ヴィッツのディーラーオプションからこれだけ値引きが出来る

 

ヴィッツのディーラーオプションから値引きが期待できる!

 

ヴィッツの値引きは車両本体だけではなく、ヴィッツにつけるディーラーオプションからの値引きもできます。

 

ヴィッツのディーラーオプション
Tコネクトナビ
ETC2.0(ナビ連動タイプ)
ドライブレコーダー(カメラ一体型)
バックガイドモニター
サイドバイザー
フロアマット(ベーシック)
ナンバーフレーム(盗難防止機能付)
ボディコーティング
オプション合計金額 320,328円

 

ヴィッツのディーラーオプションは、平均的な仕入れ原価が約50%と言われ、その中から平均20~30%前後の値引きが相場となっています。

 

上記のディーラーオプションであれば合計で約32.0万円なので、約6.4万~9.6万円の値引き相場が期待できることになります。

 

ただし、ディーラーオプションの仕入れ原価はものによって異なり、原価率の低いオプションほどディーラーの利益率≒値引きできる幅が大きくなるため、交渉しだいで値引き相場は高まります。

 

例えば高額オプションの代表的存在であるカーナビの仕入れ原価は約30%と言われており、ボディコーティングや点検パック等に至ってはそのほとんどが人件費(仕入れ原価約10%)と言われています。

 

なので、これらのディーラーオプションを選んだ場合、その分だけ値引き目標額を上方修正して、ヴィッツの値引き交渉に臨むといいでしょう。

 

 

ヴィッツのメーカーオプションからは値引き出来ない?

 

よく「ヴィッツのメーカーオプションは値引きが出来ない」と言われますが、本当でしょうか。

 

それと言うのも、メーカーオプションは工場でヴィッツの車両本体に組みつけられるため、メーカーからの仕入れ原価(85~90%)に含まれてしまい、ディーラーの裁量による値引き幅が狭いからです。

 

しかし、メーカーオプションをつけることでヴィッツの車両本体価格は上がり、比例して値引き率も上がるため、その値引きが車両本体からであれメーカーオプションからであれ、メーカーオプションにも一定の値引き効果があると言えます。

 

だから「メーカーオプションだから値引きできない」なんて思い込んだらもったいないので、車両本体からの値引き相場にメーカーオプション料金の10%前後を上乗せするイメージで、ヴィッツの値引き目標額を設定するといいでしょう。

 

 

ヴィッツの在庫車は驚愕の最高値引き○○万円!

 

在庫車は最高値引きが狙える!

 

あなたがヴィッツを買おうとした時に、ちょうど在庫車があれば最高値引きを狙うチャンスとなります。

 

ヴィッツの在庫車は、ディーラーに展示されている車両だけでなくユーザーからのキャンセル車両、各地のモータープールにある完成済み車両やメーカー生産予定のものまで、様々な車両があります。

 

それらヴィッツの在庫車は、出荷から9ヶ月が経過すると完成検査の期限が切れてしまい、登録には陸運局へ持ち込んで再検査が必要となり、そんな手間やコストをかけたくないディーラーは、ヴィッツを何とか9ヶ月以内に買って欲しいと考えています。

 

そんな「ディーラーが買って欲しい」ヴィッツの在庫車は、交渉次第で最高値引きを達成できる確率が大きく上がり、ヴィッツの在庫車値引きは、オプション値引きも合わせて20~25万円以上の値引きが狙えます。

 

ただし、モデルチェンジ直後などヴィッツの需要が引く手あまたな時は、なかなか在庫車も出てこないので、ヴィッツの人気も落ち着いてきた頃合いが、ヴィッツの在庫車を見つけやすいチャンスです。

 

例外的に、キャンセル車両が出た場合は、そのヴィッツに限り最高値引きを適用してもらえるケースもあります。

 

 

オプションなし!下取りなしでヴィッツの値引き相場はいくら?

 

ヴィッツにディーラーオプションもメーカーオプションもつけず、ボディコーティングも点検パックもなし、更に下取りなしというまったく素な状態のヴィッツからは、どのくらい値引きが可能なのでしょうか。

 

ディーラーがメーカーから新車のヴィッツを仕入れる原価率は、ディーラーの販売実績や仕入れ台数による優遇などによって上下はあるものの、約85~90%と言われます。

 

その残りとなる10~15%からディーラーの利益や経費を差し引いた分がメーカーオプションの値引き幅となり、実際には10%前後がヴィッツの下取りなし値引き相場となるでしょう。

 

以下に、当サイトで2006年から記録し続けてきたヴィッツの値引きデータから算出したオプション&下取りなし値引き相場を、グレード別にまとめたのでご参考にどうぞ。

 

1.0F 12~16万円の値引き
1.0ジュエラ  14~18万円の値引き
1.3F  14~18万円の値引き
1.3ジュエラ  16~20万円の値引き
1.3U 17~21万円の値引き
ハイブリッドF 13~17万円の値引き
ハイブリッド ジュエラ 14~18万円の値引き
ハイブリッドU 15~19万円の値引き

これはあくまでも限界値引きであり、オプションや下取りといった値引き材料も少ないため、ライバル車との競合やモデルチェンジ時期などを組み合わせ、値引き交渉で頑張る必要があります。

 

 

決算値引きが最強説!ヴィッツの決算値引きは実際いくら?

 

これまで紹介してきた通り、ヴィッツの値引きガードの緩む時期はいろいろある中で、より多くのユーザーが恩恵を受けやすくなるのが決算値引きです。

 

トヨタの決算期は9月の半期決算と3月の年度末決算があり、半期決算では8月のお盆明けから9月末まで、年度末決算では早いところで初売りフェア直後から3月末まで決算セールが開催され、ヴィッツの決算値引きが狙えます。

 

当サイトに寄せられた実際の決算値引き報告を見ると、オプションからの値引きも含めて20~25万円以上、オプションを多くつけたケース等では30~40万円以上の決算値引きも確認されています。

 

そこまで行かなくても、決算期にライバル車と競合させるだけでも20万円以上の値引きであれば、比較的ハードルが低くなっています。

 

決算期はディーラーも新車の販売台数を稼ぎたいので、通常期よりも多くのユーザーが決算値引きの恩恵を受けて、割安にヴィッツを購入しやすくなるでしょう。

 

 

ヴィッツを限界値引きで購入しても下取り車で損したら意味がない

 

下取りを安くされて、せっかくの値引きを帳消しにされたら勿体ないですよね・・・。以下の一括査定を利用する事で、ディーラー下取りで損しないように愛車を高く売り抜く事が可能です。

 


ネットで愛車の概算価格が分かる「かんたん車査定ガイド」です。複数の買取店へ無料で一括査定が出来るので、査定額を競い合いディーラーの残価よりも高値が期待できます。45秒で簡単入力、その後すぐに買取店の相場が表示されます。

査定

 

 

PR

PAGE TOP

copyright©2006-2018 トヨタ ヴィッツを買う! All Rights Reserved
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com